ブログ引っ越しました。   

2015年 11月 13日

永年(10年ぐらいだろうか)利用してきたエキサイトブログだが容量がMAXとなってしまった。
有料のアドバンスコースへの契約を試みるも上手く行かず。
やむを得ずヤフーブログで続行することとしました。

タイトルは変わらず「平成の食山人」です。

勝手が違うため暫くは苦労しそうですが、これも一種の脳トレと考え新しいブログスタイルに取り組むことといたします。これまで通り、ご愛顧ください。
[PR]

# by alkinist | 2015-11-13 09:22 | その他

芝草山(栃木県)   

2015年 11月 06日

11月6日、Fツアーの仲間12人で栃木県にあるマイナーな山、芝草山に登ってきた。若草山を想起させるような名前に似ず急峻な岩山だったが中腹の紅葉は期待以上。11月初旬とは思えない陽気の中、半袖で快適な山歩きを楽しむことができた。
d0032262_9564541.jpg

畑山人ブログより拝借
d0032262_10551852.jpg


新橋駅前を6:35発 東北道 西那須野塩原ICで降りて塩原温泉郷の先の登山口に10:10到着
10:15登山スタート 大岩の急峻な登りを経て12:15山頂到着。  昼食休憩40分 12:55下山開始 14:30頃下山 塩原温泉郷「華の湯」で入浴し帰京

もっと見るには、こちらから
[PR]

# by alkinist | 2015-11-06 23:49 | 山歩き

北東北の旅 4日目(最終日)   

2015年 11月 01日

11月1日 ホテルに荷物を預けて8時出発、バスで弘前市役所前へ。(津軽地区のJR・バス 2日間有効の津軽フリーパスが便利)弘前城を見学する。
d0032262_1271820.jpg

菊と紅葉まつりの真っ最中
d0032262_1294966.jpg

ボランティアガイドの説明によれば、現在、天守閣は石垣修理のため曳屋されていて、石垣が復旧して元に戻るには今後10年かかるというから気の遠くなるような話だ。
d0032262_12132810.jpg

桜の季節には1日の観光客が弘前市の人口(18万人)と同じになるというが紅葉もなかなかなものだ。
d0032262_12152174.jpg

津軽藩ねぷた村でねぷた鑑賞と三味線鑑賞して
d0032262_12163181.jpg

d0032262_12165852.jpg

旧市立図書館を見て
d0032262_1217342.jpg

駅前のホテルで荷物を受け取り11:50発の列車で青森へ。まずは古川市場の「のっけ丼」で腹ごしらえ。
d0032262_12202672.jpg

入り口でチケット(100円券10枚綴り:1080円)を求め発砲スチロールに盛った白飯に好みの刺身(100円、200円)を乗せて
d0032262_12225414.jpg

食山人の場合は、ホタテ、イカ、サーモン,マグロなど5種ぐらいだったか?これに蜆の味噌汁をつけて1080円は安い!
d0032262_12244974.jpg

この後、棟方志功記念館を見学し青森駅に戻る。駅からすぐの港には青函連絡船だった八甲田丸が往年の雄姿を見せていた。
d0032262_12324489.jpg

この後、新青森15:52の「はやぶさ26号」で帰京。車中では思い思いの駅弁を広げ4日間の旅の思い出などを語りながら帰途についた。
d0032262_12352839.jpg

[PR]

# by alkinist | 2015-11-01 22:01 | その他

北東北の旅 3日目   

2015年 10月 31日

10月31日 朝食前に十和田湖湖畔を散策する。
d0032262_11214561.jpg

遊歩道を伝って湖畔に降り立つと昨夜の雨がもたらしたのだろう、山腹に白いものが
d0032262_1123968.jpg

朝食を終えて8:35シャトルバスで休屋・発荷峠・小坂鉱山跡を経由して弘前駅に向かう。
休屋にて。寒くて防寒着の前を合わせる。
d0032262_11245556.jpg

小坂鉱山事務所、康楽館で45分休憩
d0032262_11273086.jpg

ちょっとしたオフザケ
d0032262_1128646.jpg

受付でガイド(有料)を希望するか尋ねられたが時間もないので断るも、中に入るとガイドらしき男性が早口で、小坂鉱山が、当時いかに繁栄していたか、この地の有名人の話なども織り交ぜながら語る・語る・語る。おかげで康楽館は外から見るだけ
d0032262_11331474.jpg

昼前に弘前駅到着。この日、宿泊の駅前のホテルにチェックインし荷物を預けてラーメンで身体を温め13:06の五能線で五所川原、津軽鉄道に乗り換える。85という数字のヘッドマークに鉄チャンらしき面々が盛んにカメラを向けている。聞けば、この日は津軽鉄道営業開始85周年のイベントを行っているとのこと。
d0032262_11374189.jpg

d0032262_11402189.jpg

本来は12月1日から運転という「ストーブ列車」に幸運にも乗れた。
d0032262_11413623.jpg

沿線のリンゴ畑の間にも撮り鉄と思しきカメラマンが数多くいた。14:42金木駅到着。
ここは津軽三味線発祥の地ということで
d0032262_1145211.jpg

d0032262_11453844.jpg

太宰治の生家は入母屋造りの豪邸。太宰は中学までの少年期を、ここで過ごしたという。現在は「斜陽館」として初版本や原稿を陳列している。
d0032262_11591710.jpg

17:15津軽鉄道で五所川原へ。今度の列車は普通の列車で、その名も「走れメロス」である。
d0032262_11495163.jpg

五所川原からはリゾートしらかみで弘前に18:31着。ホテルに教わった地元の評判店「甚平」へ
けの汁他、おふくろの味でもてなしてくれるのが嬉しい。
d0032262_11534312.jpg

田酒は無かったが女将が勧める豊盃、亀吉が美味かった。青森の酒のレベルは高い!
d0032262_11535954.jpg

ここには写っていないが女将お勧めの白子ポン酢が鮮度抜群で最高に美味かった。下記の写真は
翌日の古川市場でのもの。
d0032262_12271341.jpg

[PR]

# by alkinist | 2015-10-31 22:19 | その他