人気ブログランキング |

渓流釣りにチャレンジ   

2013年 06月 16日

6月15日~16日、苗場にあるF井さんのリゾートマンションをベースに渓流釣りに挑戦した。15日、昼前 以前勤務していた会社の大先輩でもあるO森さん、同期のF井さん、食山人が苗場に集合。早速近くの渓流釣り場に行く。ここは三国街道(国道17号線)の脇を流れる二居川の一部に堰を作り有料の渓流釣り場として営業しているところ。季節により苗場の住人ともなるF井さんが、ここのT村さんという方と知り合いとなり、今回の「イワナプロジェクト」実現の運びとなったものである。この日は翌日の本格渓流釣りの、いわば練習ラウンド。まずはトライしてみてくださいということで・・・T村さんのアドバイスを受けてポイントに竿を入れる。(餌はブドウ虫)すると、なぜか食山人にファーストヒット!
d0032262_16312440.jpg

後にT村さんから戴いたリーフレットによれば「ニッコウイワナ」・・・小さな白い斑点と体の横に黄色の斑点がある。・・・らしい。
d0032262_1634563.jpg

このあと、O森さん、F井さんもヒット。この日は曇り勝ちの天候であったが渓流釣りには好条件だったようである。
d0032262_163504.jpg

d0032262_16352946.jpg

3人でイワナ、ヤマメ 計11尾を釣り上げた頃、雨が本降りに。一人4尾を超えて釣ると1尾あたり@250と追加料金が発生することもあり手仕舞い。(一人4尾までは基本料金@2300、エサ代別:ブドウ虫・30匹入り@700・・我々は3人で1箱で足りた)同じ敷地内にある小屋掛けで焼くことが出来る。
d0032262_1642826.jpg

腹の割き方、血合いのとり方など手ほどきを受けて処理し焼く
d0032262_182549.jpg

d0032262_16453391.jpg

焼きあがるまでの間、T村さんから翌日のポイント、渓流魚の習性などを教わる。
d0032262_16481390.jpg

15:30 F井さんのマンションに戻り塩焼きのイワナ・ヤマメで一杯!自分で釣った魚で飲む、これぞアウトドア(この際、渓流釣り場も立派なアウトドアということで)
d0032262_16483136.jpg

このあと、マンション地階にある温泉で汗を流し1階の居酒屋で食事をする。雪国のマンションだけあって外に出ずに用が済む、いわば自己完結型リゾートマンションなのだ。
d0032262_1653224.jpg

6月16日
ゆったりと朝食を済まし、釣り糸の結び方・仕掛けの作り方などを渓流釣りに詳しいO森さんに教わる。なぜか大先輩を台所に立たせて寛ぐ食山人。
d0032262_172253.jpg

d0032262_1721732.jpg

水温が上昇した10時ごろから試しにマンションの目の前の川で釣り糸を垂れるが全くあたりなし。当初から予定の貝掛温泉の先のポイントへ移ったのは昼前。
この日は梅雨の晴れ間で暑い!本物の渓流は針が川床にかかるは枝にかかるはで時間の半分はトラブル処理に追われる。
d0032262_1792049.jpg

結局、3人とも釣果ゼロ。
d0032262_1793946.jpg

帰りがてら川の脇の澱みのようなところで釣り糸を垂らしてみる。
d0032262_17122848.jpg

小さいウグイが3人で12尾。それでもゼロ敗を免れた?
d0032262_17134998.jpg

F井さんの台所にあった醤油、みりん、料理酒で味付け。釣った魚は「成仏してね」と食べてやるのが食山人のポリシー。釣り券@2100*3、エサ代含めると、この幼児虐待のようなウグイの煮付け@600 (^^);
d0032262_17195347.jpg

この日も温泉で汗を流し1階の居酒屋と近くのイタリア料理屋で反省会。F井さん、お世話になりました。
d0032262_17205415.jpg

17日、朝食後、それぞれの目的地に向かい苗場を後にしました。

by alkinist | 2013-06-16 22:13 | その他

<< 大峰沼・吾妻耶山 雲取山:2日目 登頂、石尾根を... >>