谷根千を歩く   

2013年 11月 19日

会社時代の朋友、松本在のF井さんが上京中ということで同じく入社以来の仲間であるN村さんと3人で谷根千(ヤネセン)散歩を楽しみ旧交を温めた。歩いた時間、約50分、その後の反省会(根津~銀座)約5時間という我々なりにバランスの取れた時間配分でもあった。
この日のコース(以前、駒込に居住していて、この地域に詳しいF井さんが案内役)
日暮里駅の北口改札口に夕方4時集合。
d0032262_752397.jpg

まずは「夕焼けだんだん」から谷中銀座へ
d0032262_784677.jpg

d0032262_710342.jpg

谷中銀座は昭和の香り。何故か揚げ物を売る店が多い。コロッケ30円って・・・
d0032262_7112054.jpg

銀座とは言っても通りは短く、あっという間に終わって
d0032262_7121123.jpg

ここから南方向に歩き藍染橋というところから「さんさき坂」を登って下る。このあたりは寺町、特に禅宗の寺院が多いようだ。
d0032262_7172289.jpg

大福帳の店?昭和どころか江戸時代にタイムスリップしたかのような・・・
d0032262_7181663.jpg

さらに歩いていくと、こんな店が・・オーギョーチーって何?
d0032262_725956.jpg

店頭の説明を読んでもよくわからず帰宅して調べてみました。
新高山(現玉山)の山に密生する植物で木の実状の種子を寒天上に加工して食べるもの、レモンシロップをかけていただくのが基本とか。文人に愛された店でもあるらしい。この次は実食しないと・・・
d0032262_7293474.jpg

この後、東京芸大の傍をかすめて言問通りへ。当初計画では根津神社へ向かう予定だったが時間切れで
根津駅近くの居酒屋「車」へ。この店は吉田類の酒場放浪記でも取り上げられた店とかで開店の5時前から何組かの客が並んでいました。河豚のひれ酒で鱈の白子ポン酢和え・・・等々
d0032262_7364847.jpg

2時間ほどいたでしょうか案の定、N村さんが「チョット銀座行かない?」もちろん谷中銀座ではなく・・・地下鉄で日比谷に出て歩く。ネオン街を歩くN村さんの歩くスピードの速さに驚くというか呆れる。F井さんと「山歩きの時と全然、別人のようだね」と話しているうちに銀座8丁目の好ましい佇まいの店「遊」に着いた。
d0032262_7442433.jpg

もちろんN村さんの独壇場だが、この日は食山人もスイッチが入ってしまい何曲か・・・自己陶酔の世界へ
d0032262_7463594.jpg

by alkinist | 2013-11-19 23:56 | その他

<< 本土寺の秋 湖畔と明神山からの富士山 >>