人気ブログランキング |

笹尾根を歩いて至福のランチを味わう   

2013年 12月 14日

12月14日、奥多摩の笹尾根を歩いた。7:00過ぎ、武蔵五日市の駅前の数馬行きのバス停で待っている間、単独行氏と言葉を交わす。食山人は上川乗で下車し浅間峠から槙寄山へ縦走し数馬に下ると言うと、単独行氏(Kさん:名乗りあって後に知ることになる)は笛吹(うずしき)から地図に無いルートで笹尾根に登り山上でランチを楽しむと言う。Kさんの地図は、登山ルートは言うに及ばず、尾根という尾根に殆ど矢印が印されていて、この山域への思い入れの程が知れる。8:00前に上川乗で下車し浅間峠目指して歩き出す。この日は快晴だが風も強く低温で鼻や耳が寒さで痛い。1時間ほどで浅間峠。ここを東に向かえば熊倉山、西の三頭山方面に向かう。
d0032262_649149.jpg

峠の祠
d0032262_655239.jpg

9:40日原峠
d0032262_6544720.jpg

尾根からは南に富士山が見えるのだが林越しでイマイチの感が拭えない。
d0032262_652674.jpg

10:36丸山通過。
d0032262_70661.jpg

止まると寒いので3時間ほど歩き続け11:00笛吹峠(うずしきとうげ)の先の平坦地でランチとする。
このところのお気に入りランチ:うどん入りキムチ鍋
d0032262_71233.jpg

30分ほど滞在、熱く辛い鍋で身体も温まったところで再び歩き出す。11:46林越しに三頭山が見える。
d0032262_793094.jpg

11:53 数馬への分岐点まで来ると南面が開けて富士山が美しい。
d0032262_7103473.jpg

「こんにちは」と声をかけられ見ると朝、バスで一緒だったKさん。峠のベンチで丁度、トリの唐揚げを調理中!
槙寄山を経由して数馬に下る予定だったが「良かったら寄って行きませんか?」という魅力的な誘惑に勝てず
即、予定変更。トリの唐揚げ、イカのゲソ焼き、スコッチ、菊水の「ふなくち」まで戴いて楽しい山上の時間を過ごす。
d0032262_7204651.jpg

13:45下山。日帰り温泉「数馬の湯」で汗を流し(薪で沸かした湯だそうで煙突から昇る煙が郷愁を誘う)Kさんと下山ビール。
d0032262_7211790.jpg

15:00過ぎのバスで武蔵五日市駅へ向かい帰路についた。山歩き自体は展望も乏しく単調なものだったが、それを上回る楽しい愉快なランチタイムを味わった山旅でした。

by alkinist | 2013-12-14 23:36 | 山歩き

<< 静岡の山歩き(忘年登山) 山仲間の忘年会 >>