人気ブログランキング |

新雪の愛鷹山に登る   

2014年 03月 08日

3月8日 静岡の愛鷹山(主峰:越前岳)に登ってきました。2月中旬以降、関東周辺は予想外の降雪で計画していたスノーシューは中止、その後も天候に恵まれずストレスの溜まっていた食山人、積雪期にも何度か歩いている、この山塊を選んで久々の雪山登山。
東名高速の裾野ICで降りて十里木方面に向かう。1か月前、この同じ道で向かおうとしたものの大雪で阻まれた記憶が蘇るが、今回は除雪されていた。しかし須山の先の林道に入ると登山口の愛鷹山神社に向かう道は新雪に覆われていて(前日に降雪があったようだ)先行車の轍を慎重に追って7:40登山口駐車場に到着。既に地元ナンバーの4駆車が1台停まっていた。
d0032262_18521163.jpg

今回は主峰:越前岳・呼子岳を経て割石峠を周回し出発点の神社に戻ろうという計画である。無雪期なら5時間のコース。
7:50登山スタート。
d0032262_18535432.jpg

30分ほどで愛鷹山荘の前を通る。ここから稜線鞍部へは僅かな距離だ。
d0032262_18575076.jpg

後から来た単独行者に道を譲り声を交わす。地元の人間で食山人と、ほぼ同時期の2月中旬、登山を試みたが、この富士見峠で断念し引き返したとのこと。ここからは雪の量もぐっと増えペースが思うように上がらない。ここからの稜線は樹林帯で富士山は見えない。
d0032262_1905099.jpg

d0032262_1951254.jpg

途中、鋸岳の展望できる場所を過ぎたあたりで軽アイゼンを装着する。9:40 2時間経過地点
d0032262_1973934.jpg

10:00 富士見台までくれば越前岳の山頂は近い。漸く富士山が姿を現した。
d0032262_1984593.jpg

10:32 越前岳山頂(1504M) 雪のため思ったよりも時間を要した。
d0032262_19111383.jpg

南アルプス 聖岳(中央)の舟底のような特徴ある山容が見て取れる。
d0032262_2092653.jpg

富士の市街と、その向こうに駿河湾の海岸線。呼子岳へ続く痩せた稜線は全くの新雪、慎重を期して周回コースは断念し往路を戻ることとした。山頂で簡単ランチ15分休憩、十里木側からの登山者も数人上がってきた。足元は登山用長靴、簡易アイゼン、本格アイゼン、スノーシューと様々なのが、面白い。
d0032262_2011134.jpg

下りは、フカフカの新雪の中を半分滑りながら駆け下る。しかし気温が上昇する午後は調子に乗っていると踏み抜くことになる(^^)
d0032262_20162471.jpg

11:46 再び富士見峠、ここから下は早くも雪が溶け始めていて12:15登山口に到着したころには地肌が見えてきていた。冬から春への移り変わりを実感した山歩きでした。
d0032262_20192711.jpg

by alkinist | 2014-03-08 22:18 | 山歩き

<< 軽井沢・草津へ 小田原でミニクラス会 >>