人気ブログランキング |

伊豆ヶ岳~子ノ権現   

2015年 02月 02日

2月2日 トレーニングを兼ねて奥武蔵の伊豆ヶ岳から子ノ権現を歩いてきた。正丸駅から吾野駅まで14,5KMのコースは、奥武蔵随一のロングコースとあって歩き甲斐のあるものだった。
d0032262_1930119.jpg

子ノ権現は足腰の守り神、また子年生まれの食山人でもあり普段より多めにお賽銭を入れてきました。
d0032262_19331337.jpg

下山の途中にある浅見茶屋は、うどんが名物。今回は山上ラーメンはやめて美味しく戴きました。
d0032262_19344928.jpg


コースタイム 正丸駅 8:30 伊豆ヶ岳 10:00 天目指峠 11:30 子ノ権現 12:24 浅見茶屋 13:08~13:40  吾野駅 14:14 到着



朝起きると今日も良い天気である。スカイツリーも見えている。
漠然と「山に行く」とだけ考えていたが具体的な行先を伊豆ヶ岳~子ノ権現コースと決める。西武線沿線の山は時間的にもコスト的にも安直なのだ。
d0032262_19394146.jpg

7時前の電車で飯能乗り換えで正丸駅に到着したのが8:30 3日前の雪が消えきらない道を慎重に辿る。道脇の堂宇の前にあった雪ダルマ。椿の花を唇に見立てているのが微笑ましい。
d0032262_1945292.jpg

8:53 正丸峠は右手の道だが沢沿いの伊豆ヶ岳への道を選択する。ここで山ガールに追いつく。が、この山ガール(言葉を交わすとガールと呼ぶには・・・だった)とんでもなく足が速い。
d0032262_19461410.jpg

9:45 食山人が五輪山を登っている間に、かの山バールは迂回路で追い抜いていった。10:00 伊豆ヶ岳山頂(851M)
d0032262_2017963.jpg

この日は風がかなり強く山頂は風が吹き抜け寒い。岩陰でテルモスの紅茶でアンパンを齧り天目指峠に向かう。
d0032262_1956439.jpg

d0032262_195903.jpg

10:28 古御岳通過 11:00高畑山通過 11:30天目指峠(5分小休憩)
d0032262_20144272.jpg

登り返して12:22 子ノ権現の社務所というか民家脇にあった福寿草。
d0032262_2055550.jpg

大きな草履 日本一ということは世界一!
d0032262_2074960.jpg

足腰の願掛けがズラッと・・・
d0032262_2084635.jpg

食山人もかつてないほどの賽銭を入れて真剣に願い事を・・・苦しい時の神頼みそのものに果たしてご利益はあるでしょうか?
d0032262_20114757.jpg

こんな絵馬も・・・使い込んだ下駄だけに妙にリアルです。
d0032262_20124789.jpg

これは某TV番組が奉納した和田ア〇子の靴だそうですが・・
d0032262_20142361.jpg

本堂より一段高いところに鐘楼があり、そこからスカイツリーが見えるというので上がってみた。この高台の標高が東京スカイツリーと同じ634Mだというのがミソ。早朝に自宅から見たスカイツリーを6時間後に奥武蔵の山の上から見ているわけだ。
肉眼では確かに見えたが写真では無理なようだ。せっかく登ったので鐘を撞く。なかなかに残響の良い鐘、余韻の中で自らの足腰の健康を願った。
d0032262_20174713.jpg

12:45 仁王の間を抜けて山門をくぐり吾野駅へと下る。
d0032262_20235169.jpg

13:08 浅見茶屋 江戸時代後期の建物を利用した茶屋は雰囲気も良い。
d0032262_20255095.jpg

以前、利用した時に比べてメニューも豊富なので尋ねると品の良いご婦人が「息子の代になって工夫しているようで」とにこやかに応じてくれた。息子らしい現店主が「わざわざ寄ってくれてありがとうございます」と席まで運んでくれる。接客も、もちろん味も(もちもちした噛みごたえのあるうどん)素晴らしい店だった。
d0032262_20312678.jpg

14:15 吾野駅到着。天気は良いものの風が強く寒い日だったが最後に立ち寄った浅見茶屋が、とても良かったので気分の良い山歩きとなった。

by alkinist | 2015-02-02 23:22 | 山歩き

<< 四谷荒木町で飲む 雪の高川山へ >>