人気ブログランキング |

中国地方の名山を訪ねて:4日目 扇ノ山(リベンジ)   

2015年 05月 01日

5月1日 鳥取駅前のホテルでバイキング形式の朝食で腹を満たし7:20出発。この日の登山対象は初日、道標の誤誘導もあって時間切れ敗退となった扇ノ山(おうぎのせん)である。市内を抜け八東町の八東ふるさとの森駐車場に車を置き8:20歩行スタート。3日前に比べて若干、雪の量が減っているようだが、それでも林道は歩きにくい。また数か所で土砂崩れが起こっていて、雪が融けても車が入れるような状況ではない(事前に購入した昭文社の「山と高原地図:氷ノ山 2015年版」では、ここから徒歩40分の登山口に数台駐車可能となっている)
d0032262_827211.jpg

9:00 林道終点。例の標識の地点である。3日前以降に来た登山者が標識の位置を正しい方向に向け変えてくれてあった。
d0032262_8283330.jpg

ここから、ものの3分で登山口。これで安心と思ったのだが・・・
d0032262_8313736.jpg

夏道が雪で覆われていて判然としない。少なくとも数人は通ったであろうトレースも前夜の雨で消えておりルートファインディングに苦労する。9:58漸く正面に扇ノ山が見えてきた。
d0032262_83313100.jpg

10:16 避難小屋の建つ扇ノ山山頂(1310M)。もちろん誰もいない。
d0032262_8371312.jpg

リベンジがなった喜びよりホッとしたというのが正直な感想!
d0032262_8403358.jpg

姫路コースからの道を見る。こちらの方が時間的には容易なようだが・・・
d0032262_8443498.jpg

初日(4月28日)に登った氷ノ山を遠望し、暫し思いに耽った。
d0032262_846639.jpg

帰路は往路を辿れば良い訳だが何度か迷い登り返してルートを探す。山容がなだらかな山ほど明確な尾根筋がなくルートファインディングは困難だ。
d0032262_8502151.jpg

11:24 登山口に降り立つ。山の新緑の美しさが目に染みた。
d0032262_8523855.jpg

この直後、単独行氏と行きあう。道が判然としないから十分注意するように助言して林道を下り正午丁度に駐車場に戻った。朝の時点では下山して時間が余るようなら砂丘でも見て時間を潰そうかとも考えていたのだが、とてもそんな余裕はない。一路、空港を目指す。途中、現役(広島支店勤務)時代に世話になった特約店のSSで満タン給油して13:30鳥取空港に到着。レンタカー返却手続きを終えてレストランで遅めのランチをとる。まずはアゴのちくわと生ビールで無事下山を祝う。
d0032262_94177.jpg

地酒と、ご当地B級グルメの「ホルモン焼きそば」で今回目標の6峰完登を・・
d0032262_972535.jpg

14:55鳥取空港発のANA便は快晴の空を飛んだが流石に連休なのか羽田空港の着陸許可待ちで千葉県上空を旋回すること10分。
d0032262_9122272.jpg

予定より10分遅れて16:20羽田空港に無事到着した。

by alkinist | 2015-05-01 23:10 | 山歩き

<< 稲村岩尾根から鷹巣山 中国地方の名山を訪ねて:3日目... >>