稲村岩尾根から鷹巣山   

2015年 05月 05日

5月5日 奥多摩の鷹巣山を稲村岩尾根から登り奥多摩湖畔の倉戸口に下って新緑の山歩きを楽しんできた。
奥多摩駅到着と同時にダッシュするが7:27の西関東バスは満員。増発便も出るようだったが乗り込む。途中の川乗山登山口で多くの登山客が降りて座ることができた。8時前終点の東日原バス停で降りて歩くこと数分、目の前に奇岩の稲村岩が見えてくる。
d0032262_10255795.jpg

標識に従い民家の脇を抜けて谷に降り橋を渡ると、いよいよ登山道。
d0032262_10271170.jpg

d0032262_10274259.jpg

8:48稲村岩 下から見上げるとなかなかのものだが、こうして見るとどうということもない。
d0032262_10283445.jpg

この山は、ただひたすらの登り。9:41ブナの林で小休憩。
d0032262_103031100.jpg

ヒルメシ食いのタワでさらに1本入れて10:37 鷹巣山(1737M)山頂。標高差1120Mを2時間40分は悪くないペース。
d0032262_10315637.jpg

カップラーメンにテルモスの湯を注ぎランチ休憩20分。山頂には3人ほど単独行者がいた。
曇りがちの空だったが、これから向かう石尾根と奥には大岳山の鋭鋒(左)、御前山が見えた。
d0032262_10375919.jpg

11:00石尾根を水根山に向かう。水根山からは南東にかやのき尾根を下るのだ。
雲に隠れていた富士山が一瞬だけ姿を見せてくれた。
d0032262_10433218.jpg

青空も見えて天気が良くなっていく。
d0032262_10442478.jpg

12:20倉戸山(1169M) ここを熱海(もともとは温泉があったが小河内ダムの完成で湖底に沈んだ。現在は復活され日帰り温泉があるようだ)方面に向かう。
d0032262_10464315.jpg

ブナの林の広い山頂は、気持ちの良いところだ。
d0032262_1049870.jpg

ここから少し降りた地点で大勢の若者に会う。時間的に少々遅めであるので心配になり「今日はどこまで?」と尋ねると「その上まで」と笑って答えてくれた。なるほど新緑の中でのピクニックには格好の山かもしれない。ヤマツツジも咲き始めたところ
d0032262_1101472.jpg

13:03 林越しに奥多摩湖の湖面が見えてくる。
d0032262_1113498.jpg

農家の庭先の案山子。ゴルゴ14!
d0032262_1131978.jpg

13:20頃に倉戸口BSに着くが次のバスまで50分近くあるので湖畔を奥多摩湖BSまで歩く。
藤の花が新緑の中に美しい
d0032262_1171066.jpg

13:50水と緑のふれあい館(奥多摩湖のバス停)で缶ビールを求めグイッと下山祝い。
d0032262_1172674.jpg

by alkinist | 2015-05-05 23:14 | 山歩き

<< 山梨県の山を歩く(1)黒富士 中国地方の名山を訪ねて:4日目... >>