人気ブログランキング |

九州の山と旅 2日目 大崩山登山   

2015年 05月 21日

5月21日 民宿を4:30発 九州の夜明けは遅い。林道の登山口付近に邪魔にならぬよう駐車し4:55ヘッドランプを点けて歩き出す。(以下、食山人が写っているものはRWことN巻さん撮影)
d0032262_10272742.jpg

5:30坊主尾根との分岐で下山時の徒渉地点を確認し、5:54いよいよ湧塚尾根との分岐点。今回は、間違えない。
河原に出ると岩岩が大迫力で・・朝日に映えて神々しいまで
d0032262_10331618.jpg

しかし思ったよりは水量がある。
d0032262_1032324.jpg

意を決して素足で渡る。
d0032262_1034594.jpg

6:27岩屋通過
d0032262_10404533.jpg

7:27袖ダキから ワク塚岩峰を見る。
d0032262_10465661.jpg

小積ダキをバックに。
d0032262_10482763.jpg

8:22 このあたりは岩場の登降の繰り返しで全く飽きることが無い。しかし道は極めて判りにくく標識は要所にあるものの、これまた判りずらい。今回は昨年の失敗もあり過去のネット記事なども数本読み事前に知識を入れて臨んだが、ネット記事の中には思いこみと思われる誤りもあり大いに苦労した。(昭文社の地図などは大雑把すぎて役に立たない)
d0032262_10523269.jpg

9:00 石塚を過ぎると傾斜は緩やかになりブナの原生林が続く。
d0032262_10582100.jpg

傾山の奥に由布岳と鶴見岳が見える。
d0032262_10593688.jpg

10:00 大崩山山頂(1644M)約5時間での登頂。熟年登山隊としては上出来!
d0032262_112255.jpg

山頂で坊主尾根を登ってきた単独行とワク塚尾根を来た鹿児島のご夫婦と一緒になり情報交換。
鹿児島の方の説明で南方の尾鈴山、市房山、更には桜島の噴煙(後ほど知ったことだが、この朝、大規模な噴煙が上がったらしい)まで視認できたのが嬉しい。
10:35 下山開始。まずはコース中の最難関「象岩のトラバース」。鹿児島から来たご夫婦の奥さんがビビるのも無理はない。
d0032262_1114266.jpg

坊主尾根はハシゴの連続である。
d0032262_118189.jpg

d0032262_11101452.jpg

12:30 坊主岩
d0032262_1111526.jpg

12:41 このハシゴは裏側から。まるでフィールドアスレチックスだ!このルートを開いた人は一体どう人なのだろう?
d0032262_1118025.jpg

13:40 坊主尾根を下り終えて再び徒渉。意外に深く股下まで濡れてしまったが、この日は暑いほどで全く不安を感じなかった。
d0032262_11195263.jpg

14:17 下山。届出してあった登山届に下山時間を記入して提出。
d0032262_11215495.jpg

渓流荘に戻り 入浴 そして無事リベンジを祝って杯を上げる。
d0032262_1123039.jpg

大崩山は期待に違わず難しく、そして素晴らしい山だった。

by alkinist | 2015-05-21 23:23 | 山歩き

<< 九州の山と旅 3日目 高千穂観光 九州の山と旅 1日目 日南海岸観光 >>