人気ブログランキング |

茂来山(1717.6M)   

2015年 07月 24日

7月24日 名山ツアーの仲間14名で佐久平の東にピラミダルな山容を見せる茂来山に登ってきた。信州百名山のひとつで現皇太子浩宮さまが登ったことでも知られるそうだが食山人は寡聞にして知らず。いつものことながら我らが名事務局長のN松さんが企画・立案からアプローチ道路の事前調査など綿密な下準備をしてくれるお蔭です。
d0032262_13443913.jpg




7月24日 6:30 いつもの如く新橋駅前に集合し関越道、さらに上信越道 佐久小諸JCT経由で中部横断道佐久南ICで降りてR142,R141、R299を通り登山口へ。当初のルートは林道の勾配がきつくバスが登れないため下山口を予定していた槇沢登山口からのピストンとする。このあたりの臨機応変はN松さんのお手の物でもある。

登山口の手前で地元の軽トラと行きあう。なんと荷台には罠に仕留められた鹿が・・・害獣駆除で町から補助金?が貰えるそうだが(幾らかは聞き漏らした)
証拠の写真を撮った後は埋めて処分するという話に一同、複雑な面持ち。
(ジビエ料理などで食べてあげるのが、せめてもの供養かもとも思うのだが軽トラの主は、今時期の鹿肉は美味くないというようなことを言っていた)
d0032262_14115284.jpg
こちらは大きなキノコ(ヤマドリタケと言っていた)美味しいそうだ。
d0032262_14192103.jpg
と、登りはじめる前から得がたい経験をして

d0032262_14003628.jpg
10:30 歩行スタート。この日は炎暑続く、この時期としては比較的過ごしやすい日との天気予報であったが どうしてどうして林の中でもじっとりと汗ばんでくる。
d0032262_14064525.jpg
歩き出しから約1時間 大きな栗の木の下で一休みです。
d0032262_14075792.jpg
12:04 当初とるはずだった霧久保沢コースからの道を合わせると山頂は近い。
d0032262_14213809.jpg
12:20 歩き始めから約2時間で茂来山山頂(1717.6M)
この山頂は佐久穂町と小海町の分水嶺で浅間の山並みや八ヶ岳の展望が「売り」なのだが水蒸気の多い空で、さほどの展望は得られなかったのが残念!
d0032262_14235655.jpg
山頂のすぐ下の広場で(ひょっとして皇太子登山に合わせて整備した?)お楽しみのランチタイム
d0032262_14254705.jpg
I井さんが自宅で作り冷凍し持参してくれたグレープフルーツ、少し融けてシャリシャリした歯ごたえが最高!このほかにもメンバー持ち寄りのつまみ類で一杯!!
d0032262_14301738.jpg
約40分滞在して13時過ぎ下山スタート。14時過ぎにはチャーターバスが待つ登山口に帰着。15時ごろ最寄りの日帰り温泉へ。汗を流した後は恒例の車中宴会を楽しみ帰京しました。
d0032262_14333224.jpg



by alkinist | 2015-07-24 23:52 | 山歩き

<< 山中湖の山荘で大清掃に奮闘する 北の山を歩く 7日目 神室山 >>