山といで湯の旅・・・北海道名山を巡る1000KM 第8日・弟9日   

2006年 06月 24日

6月24日(土)。今日は北海道内最高峰である、大雪山系の旭岳に挑む日だ。宿を出て旭岳ロープウェイに向かう時点で雨。6:15発のロープウェイに乗り終点の姿見の池駅に降り立つ。
姿見の池からが登山道だが今日も展望は期待できない。
d0032262_11503066.jpg

雨に打たれながらひたすら歩く。登山開始から1時間半、今回の山行の中では最も安直に道内最高峰に立ったが感慨はない。
d0032262_1154215.jpg

間宮岳に向かうと大雪渓が連続して現れる。ガスの中、またまたルート探しに苦労。
d0032262_11555255.jpg

たまにガスが薄くなると我々の位置が分かる。山のスケールを実感できた。
d0032262_1157222.jpg

エゾマメヤナギ
d0032262_11573561.jpg

イワウメ
d0032262_120166.jpg

雪渓の脇でエゾシャクナゲが美しい
d0032262_1213126.jpg

お花畑とはまさにこういうものを指すのだろう。
d0032262_1222343.jpg

d0032262_1224095.jpg

途中、足湯というがぬるくて話にならない
d0032262_1245237.jpg

d0032262_1251393.jpg

裾合平への道は幾つかの尾根を越えて行くのだが雪渓で阻まれること数度。
d0032262_1253552.jpg

d0032262_127285.jpg

d0032262_127172.jpg

鏡池、擂鉢池まで来るとロープウェイの山上駅はもうすぐだ。
エゾノツガザクラと擂鉢池
d0032262_12425671.jpg

擂鉢池、なるほどの命名
d0032262_1244888.jpg

正午、山上駅に到着。待合室を借りて行動食の残りを食べてロープウェイで下る。大雪山はこれからが新緑のシーズン。
d0032262_12472932.jpg

天人峡の宿に戻り、「旭岳ビール」で予定の山岳完登を祝った。
d0032262_12485145.jpg

d0032262_124931.jpg

最終章
6月25日(日)。朝食前に近くの羽衣の滝を見に行く。なんと言う皮肉だろうか真っ青な青空である。
ホテルの前で
d0032262_12514591.jpg

羽衣の滝
d0032262_12521813.jpg

10時過ぎに旭川空港を飛び立ち帰京したが、空港への道で青空に浮かぶ旭岳を遠望できたのがせめてもの慰めであった。
d0032262_12545350.jpg

今回の山行は生憎と天候に恵まれなかったが、厳しい条件の中で全山完登を果たし、魅力を十分に味わうことが出来たのは同行のM氏の周到な準備・計画によるところが極めて大きい。
改めて敬意と謝意を表したい。

by alkinist | 2006-06-24 11:44 | 山歩き2006

<< 大雪山の花たち 山といで湯の旅・・・北海道名山... >>