人気ブログランキング |

カテゴリ:チェンマイ再び( 6 )   

トラベルにはトラブルが付き物   

2005年 07月 06日

2005年7月6日、私にとってはチェンマイを離れる日でもある。午前中はホテル内で書き物などして過ごす。F氏から朝、電話があり、12時前に「センタン」(セントラルデパートを現地ではセンタンと呼ぶ)で落ち合おうということになった。トゥクトゥクを拾い12時前に到着、20分、30分と待つが現れない。心配になり公衆電話からF氏の携帯に電話すると別のセンタン(要するに2つあったのだ)にいることがわかり、予定より1時間近く遅れて合流した。ところが今度はK夫人が現金や免許証・ヴォーダフォンの入ったポシェットが無いと言う。待ち合わせ場所に来るまでのソンテウの中に落としたらしいということで、それらしきソンテウを探そうとするが、何せチェンマイにはソンテウが3000台あるという。近くのアマリリンカムホテルの女性スタッフが親切に対応してくれK氏のヴォーダフォンに電話してくれるが応答せず、切断音が聞こえるとのこと。残念ながら他者の手に渡ったと考えざるを得ない。不幸中の幸いとでも言うべきか、パスポートとクレジットカードは前日K氏が預かっていたとのこと。とは言うものの戻ってくる僅かな可能性と保険請求のことも考え一応警察に届けに行く。

警察署にて
d0032262_10161751.jpg


タイの警察官の服装はなかなかに凛々しい。が能力的には甚だ疑問ということは調書をとる仕事ぶりを見てもすぐに知れた。それにしても姓名を尋ねられて自分の姓の漢字を英語で直訳して「You Know?」とかやっているK氏、とても困って相談に来た人に見えない。マイペンライの警察官と好勝負と言ったところか。
F氏邸に立ち寄り、日本のヴォーダフォンに連絡して通信停止の手続きを行なったり、庭に育ったというマンゴー(とても甘かった)を戴いたりしているうちに早くも夕方である。前回、イカ墨スパゲッティ事件のあった例のイタリア料理屋「プンプイ」へ。前回リベンジの最終章としてふさわしい店でもある。過ちを再び犯すことの無いよう慎重に少量ずつオーダーする。とは言っても男3人でビールの他にワイン2本半飲んだわけで、こちらのほうは慎重でもなんでもない。
さて、今夜はいよいよチェンマイを離れなければならない。夜7時前に食事を終え、ホテル近くでK夫妻を降ろしF夫妻と空港に向かう。前回は早朝の出発で夕陽のような朝陽であったが今回は本物の夕陽である。
山々も赤々と照らし出され美しさにしばし見とれていた私はこの場面にふさわしくない、いや案外ふさわしいかもしれない歌の一節を思い出していた。「ターイーのーやまーやまー、陽にー映ーえーてー、我出陣に愁いーなーしー」(もちろん武田節のメロディーで)



蛇足:空港の喫茶店で時間待ちにF氏とドライマティーニを頼んだらこんな代物が出てきた。タイ文化戦線異常なし
d0032262_1122675.jpg

by alkinist | 2005-07-06 19:20 | チェンマイ再び

プールとマッサージでリラックス   

2005年 07月 05日

チェンマイプラザのプールにて
7月5日。この日はK夫妻が家探しの続きをするというので私は午前中をプールで過ごした。
水が濁っているのだろうか水中で眼を開けても視界不良でしかも眼が痛い。仕方なく顔をつけないで良いように横泳ぎ(あまり欧米人がやらないですね)をしていたからなのだろうか、「日本の方ですか?」と聞いて来る熟年世代の男性。バリとペナンとチェンマイを行き来し、ホテルライフを楽しんでいるとのこと。もっとも後で判ったことだがK夫妻はじめ日本人と思しき人間には声をかけているとのことでリゾートライフを楽しんでいるというには何やら寂しい日本人という感が漂う。

マッサージをして由緒正しいギネスを飲む
昼は前回にも案内してもらったカオソイの美味しい店「Samo Chai」に行く。
d0032262_14222630.jpg

このあとF氏と私はタイ式マッサージをしに行く。2時間で400バーツはリーズナブルなのだが事前に「痛いところは?」と聞くので腰痛のポイントを教えたにも拘らず全く意に介さず強力なマッサージをしてくれた。何のための質問だったのか今もって判らない。支払いの段階でバーツを女性に渡すと入り口にいた欧米人の老人が受け取り札勘定をする。この国の経済構造の歴史を垣間見たようで現実に引き戻された。
夕食まで時間があるのでF氏が友人から紹介されたギネスバーに行く。入り口付近にはヒッコリーのゴルフクラブが並べて飾ってあり、奥にはプールバーがある。
1パイントのギネスビールを頼むと樽から時間をかけて注ぐ。泡が落ち着くのを待ち更にその上に注ぐ。「Please wait 5minutes]私の視線を感じたのだろう、カウンター横にいた常連か店員か判らないタイ女性に言われたが、こういう時間は悪くないなと思う。隣の英国人らしき男性は私がギネスを飲み干しフィッシュ&チップスをつまみにジントニックをも飲み終えて店を出る段になってもグラスの縁から1cmをすすっただけ。新聞を読みながら悠然と時間を過ごしている。
タイレストランでウェスタンを聴く
近くのホテルのロビーでK夫妻、F夫人と待ち合わせ動物園近くの高台にあるレストラン「PALAAD」に行く。市内の眺望が素晴らしいテラスに陣取り型どおりビールからはじめウイスキーの水割りを重ねながらタイ料理を楽しむ。我々のテーブルの近くにいて離れようとせず、ニコニコとしているものの気の利かないウェイターにチップを渡した途端キビキビサービスしだしたのには一同苦笑。

ニコニコウェイター
d0032262_14562228.jpg


我々のすぐ傍らでバンジョーを中心にしたウェスタン風のバンドが演奏するのだが覇気がない。階下に降りていってしばらくすると別なバンドがやってきた。楽器の編成は先程と変わらないのだが格段に歌唱力がある。見ればリードボーカルのギターの弦の上部にはチップのバーツが挟まれている。前座と真打の違いとでも言うべきか。

こちらは真打
d0032262_14564693.jpg


このあとホテルに戻り、持ち帰った残りのウイスキーを寝酒とする。この夜、土砂降りの雨が降ったそうだが当方は白河夜船、記憶を辿る術もない。

by alkinist | 2005-07-05 17:08 | チェンマイ再び

山を下って竹筏下りを楽しむ   

2005年 07月 04日

7月4日、トレッキング2日目の朝は鶏の鬨の声で目覚めた。コケコッコーと一羽が鳴きだすとあちこちで呼応するのだからとても寝ていられない。洗面所があるわけもなくホースから流しっぱなしの水をタライに溜め顔を洗いヒゲを剃る。前夕洗って干しておいたシャツ類は殆ど乾いていない。着干ししながら歩くことにする。簡単なブレックファーストを済まし、我々3人と韓国人コックは2泊行程の仲間10人と別れ帰途に着く。
d0032262_1319527.jpg

田の中の畦道を抜け急峻な山道を歩く。ガイドの青年が時折足を停め傍らの草を抜いて先端を裂き指を使って器用にロケットのように飛ばす。また葉を拳の上に乗せ反対側の手のひらで叩いて大きな破裂音を出したり退屈しのぎのサービスをしてくれながら歩くうちに往路とはまた別の滝に到着。汗をぬぐいビールを飲む。
d0032262_13263343.jpg
d0032262_1327193.jpg

途中、山の中の学校の校庭でセパタクローに興じたりしながら又しばらく歩く。バナナのたわわに実る山道を歩くこと1時間半余、昼頃に麓の村に着く。
d0032262_13305962.jpg

タイ風焼きそばを食べた後、その食堂の板の間でしばし昼寝をする。時折風が通り抜け一瞬、今自分が何処にいるのか判らなくなる不思議な時間空間。この村は竹筏下り(バンブーラフティング)の基地となっているようで入れ替わり立ち代り外国人旅行者がやってくる。ピックアップトラックに約10分ほど揺られ川下りのスタート点に到着した。我々3人と韓国人コックの4人が一艘の長い竹筏に乗る。船のへさきにタイ人の船頭、ともを韓国人コックが操る。ラフティングというよりは川の瀬下りという感じだが流れの速いところでは船頭が右に左に竿を振り岸の岩を突いて筏の向きを変える。飛沫が上がりズボンの裾が濡れ歓声を上げる場面もあって川くだりを楽しんだ。
d0032262_13441935.jpg


「珍島物語だ!」
船着場から又トラックの荷台に乗りチェンマイまで約1時間半揺られる間、同行の韓国人青年に日本の韓流ブームのことやら日本の流行歌の中の韓国をテーマにしたものの話などする。未だ20代の前半だろうか英語もたどたどしい彼と会話するのは正直エネルギーを要したがこういった地道な民間コミュニケーションがいつかは硬化した日韓関係を改善するだろうとの気持ちもほんの少しだが意識しつつ話を進めた。話をしている中で途中からF氏が口数少なくなり眼が虚ろになっていることに気がついていたが、突然「判った。珍島物語だ!」と叫ぶ。彼は数十分前に話題にしていた天童よしみの「ホラホラ・・・海が割れてなんだらかんだら」の話以来、その題名を思い出すために心ここにあらずの状態だったのだ。納得するやら可笑しいやら。人名や曲名が思い出せないのは他人事でない私としては笑うこともできないのだが・・・

中華レストラン「謝」にて
夜の食事はチェンマイプラザの近くの中華レストラン「謝」である。前回2月の際には昼のイタリアレストランで食べすぎメニューを見るのも嫌だった悪夢が一瞬脳裏をかすめる。が今回は何といっても2日間トレッキングを行い、山岳民族の粗食に耐えてきた私である。前回のリベンジを存分に果たしたのは言うまでもない。豚肉と豆のキャベツ包み煮も美味かったし、写真のさつま揚げ煮込みもチェンマイアレンジ中華で美味かった。
d0032262_1462363.jpg

by alkinist | 2005-07-04 17:09 | チェンマイ再び

北部山岳民族の村を訪ねるトレッキングツアーに参加する   

2005年 07月 03日

7月3日。私にとっての今回の旅のメインイベントとも言うべきドイインタノンの中腹の山岳民族の村をつなぐトレッキングの始まりである。朝、ホテルで迎えのバスを待つがなかなか来ない。後に判ったことだが、このツアーは市内のホテル・ゲストハウスの参加者を巡回しながら順次ピックアップし1泊2日または2泊3日のツアーの出発地でもある象キャンプに向かうのである。ピックアップトラックに最終的に我々13名が乗ったのだから、その状況は容易に想像がつくというものでしょう。メンバーはアイルランドのカップル、オーストラリアのカップル、ニュージーランドのカップル、オランダの若者2人、韓国のコック、日本の学生、そして我ら3人のオジサン総計
13名である。私は白髪交じりの頭のお蔭かK氏と共にエアコンの効いた助手席に2人掛けという厚遇・・・ただしギアチェンジの度に、私のそれでなくても太い太ももを操作の邪魔にならぬようドア側に寄せなければならないのはかなりの苦痛・・・だったが後ろの荷台の11人の中の1人となったF氏は暑さの中の超満員もさることながら、それぞれに訛りのある英語での異文化コミュニケーションに結構悩まされたようだ。
象キャンプ
真昼の暑い中、象の背中に揺られること小一時間、赤土の急斜面を昇り降りするときなどスリリングな場面もあってそれなりに楽しめたが、ともかく暑い。

d0032262_1111972.jpg


汗だくのトレッキング
途中、タイ風チャーハンの昼食を摂り登山口の村を出発したのは午後2時半。山岳民族の青年ガイドの「あと39分」「あと19分」・・・軽いジョークのつもりなのだろう必ず40や20ではなく9をつける・・・に苦笑しつつ猛暑の中を歩く。途中、川を渡る箇所が数箇所あるのだが丸木橋のようなものでロープもなく結構、緊張を強いられる。気温もさることながら湿度が半端ではない。汗だくになりながら歩くこと約1時間、大きな滝に到着した。滝つぼがプール状になっていて水浴びや泳ぎが出来るようになっている。周囲は遮るものもなく着替えの場所などないが、なに構うことはないとばかりオーストラリア娘に尻を向け水泳パンツに着替え、水浴びする。日本の川のような透明さはないが身体の火照りを冷ますのには十分だ。

登山口の部落で
d0032262_11251645.jpg

川を渡る
d0032262_1127524.jpg

大きな滝で水浴び・・・気持ちがいい!
d0032262_11282397.jpg

d0032262_11291374.jpg

30分の水浴びの後、再び歩き出す。ドイインタノン(頂上は2600Mあるそうだ)の中腹、一番高いところで標高1000M辺りを歩いているそうで夕方近くになったせいもあってか涼しい風が汗ばんだ肌に心地よい。先頭を行くガイドは後続のツアー客を気遣う風もなく、どんどん歩いていってしまう。ここはやはりK氏の出番「Hey,You」で始まりガイドの役割とは何であるかを得意の英語を駆使して教育的指導に務める。いつしかツアーのウルサ型としての存在感を築いて行ったのは読者諸兄ご想像の通り。

田んぼの畦道を辿ると、目的地の村は近い
d0032262_1130115.jpg


カレン族の村に泊まる
午後5時過ぎ、漸く目的地の村に到着する。高床式の家屋で葉で屋根を葺いただけの簡素な家々。点在する各戸の床下には水牛が泥に埋まり、すき間だらけの粗末な造りの家の庭に太陽電池のパネルがある。さしずめ国の少数民族施策か何かの代物なのであろうがミスマッチなハイテクが貧しさを際立たせているようで物悲しく感じられたのは私だけではないだろう。
d0032262_114834.jpg

d0032262_11482658.jpg

我々のゲストハウス(といっても高床・板敷きの周りを植物の茎状のもので囲いスレートを乗せただけのもの)の近くの一軒にはTVがあって夜、大勢の人が見入っていた。小学校時代、我が家にTVがない時代隣家でローンレンジャーを見た記憶が蘇る。

我々の寝場所
d0032262_11544579.jpg

食前に日本から持参したオーストラリアワインをメンバーと飲む。中にオーストラリアのカップルがいたので話題づくりのひとつにはなったし、F氏が持参した麦焼酎も外国人に好評の様子であった。
d0032262_120220.jpg


夕食はタイ風のスープとチャーハンといった趣で粗末なものではあったが味は悪くなかった。
d0032262_1202895.jpg


さて、腹も満たされて暑い中のトレッキングで身体も消耗しているし寝ようかと我々は寝場所に着くが階下は一向にその気配がない。ガイドが家から地酒でも持ってきたのだろう、コーラ割で飲んでいる様子。時折、奇声を発したりタイの流行歌らしい一節を繰り返し歌うのが耳障りで眠るどころではない。外国人の中でも身長2Mのオランダ青年は身体同様の野太い声でがなるし挙句の果ては、あばら骨の浮き出たヤセ犬までもが吠えまくり喧騒はピークに達した。
ここでK氏登場、くだんのオランダ青年に向かって「Your voice is・・・」とやっている。更には後刻F氏に聞いたところによれば吠え続けるヤセ犬に向かってまで「Never bark」とやったそうで、その努力と教育的情熱には、ただただ頭が下がるばかりである。
とにもかくにもK氏の指導の甲斐あって漸く階下の宴は幕を閉じた。しばらくして騒いでいた外国人のメンバーも2Fに上がってきて隣の蚊帳に入る様子があったところまでは覚えているのだが以降の記憶が実は曖昧である。(翌朝、「F氏とK氏のイビキの間でマンジリともできなかった」と言うと二人が揃って言うのには「冗談じゃない。お前が真っ先にイビキをかいて、その後その3倍ぐらいの大音響、誰かと見れば隣の蚊帳の中のニュージーランド娘、寝られたものじゃなかった」、返す言葉もなかった。)おぼろげながら覚えているのは夜トイレに立ったときに見上げた夜空の無数の星だ。天の川は、まさにミルキーウェイの名の通り乳白色の帯となって天空を渡っていた。

この蚊帳の隣から大音響が・・・
d0032262_1351917.jpg

by alkinist | 2005-07-03 17:49 | チェンマイ再び

チェンマイで邸宅探し・ドイステープ観光   

2005年 07月 02日

7月2日。この日は午前中、同行したK夫妻のロングステイ拠点探しに付き合ってチェンマイ市内を移動する。在チェンマイの日本人女性社長(元エールフランスのコンダクターだそうだ)が車2台で案内してくれる都合上、私も検討中ということにしてくれとの事前指示あり。不思議なものでチェンマイロングステイを検討中の演技(というほどでもないが)をするうち、ものの見方もそれなりに真剣になってくる自分が可笑しい。私としては最後に見たパームスプリングの邸宅が気に入ったのだが、もしかすると30年以上昔に見た映画「パームスプリングの週末」・・・トロイドナヒュー主演で歌もヒットした・・・の影響もあったのかもしれない。  
庭にはタイ名「ラムジャイ」・・味はライチーの小粒版・・・が熟していた。
d0032262_9594778.jpg


ドイステープへ
前回2月のチェンマイ行では象キャンプ以外これといった観光はせず、ひたすら飲み食いに終始したことの反省からだろうかF氏が近郊の名寺院:ドイステープへのツアーを企画してくれた。F夫妻の友人の看護婦のソムさんを含め6名でソンテウをチャーターし標高500Mのドイステープに向かう。当地のエリート大学:チェンマイ大学の新入生のイベント登山の日程に当たってしまったこともあり、登山口付近の渋滞は半端ではない。何とか駐車スペースを見つけ登ることとした。この山の中にエスカレーターがあるというのも奇怪であるが、信仰心篤い(要はそうと知らず登り始めてしまった)我々は長い階段を延々と登り金ぴかの山頂寺院に着く。山頂は有難い(きっとそうなのだろう)説教を聴くチェンマイ大学の学生で飽和状態である。学部・専攻別でユニフォームの色が違うとかで様々な色の服装のグループが集団行動する姿は一種異様でもある。寺院では脱靴し参拝した後、寺院裏の高台からチェンマイ市街を望む。汗ばんだ身体に茶店のアイスクリームが滲みる。
階段の下で(F氏)
d0032262_10241634.jpg

階段に喘ぐF夫人と気遣う看護婦ソムさん
d0032262_1024406.jpg

山頂は説教を聴く学生で飽和状態
d0032262_10262642.jpg

金ぴかの寺院
d0032262_10271812.jpg

チェンマイ市街をバックに
d0032262_10305850.jpg

往路を戻りソンテウに辿り着くものの大型バスにはさまれ出られない。K氏の機転とパフォーマンスで何とか脱出できた。K氏の動きは年齢を感じさせない若さで南海のシンドバット、ハリマオーを彷彿とさせる。
この日の夕食はイタリア料理、飽食の末気持ち悪くなった前回の反省から冷静にオーダー。しかし老いた言うべきか、前菜・つまみ類で満腹となりイカ墨スパゲッティはもちろんのこと、普通のスパゲッティにすら到達できなかった。これはこれで悲しい現実。

味は淡白だったが川海老にしては食べ応えがあった一品。
d0032262_1041447.jpg

by alkinist | 2005-07-02 17:46 | チェンマイ再び

ピン河畔のタイレストランにて   

2005年 07月 01日

7月1日、タイ国際航空の賓客として招待を受け(事実のほどは2月のチェンマイ行の飛行機の中でのこと、キャンペーンアンケートに氏名だけ記入したのにもかかわらず、私に往復航空券が当たって、その有効期限が7月15日までと言うので無理矢理、来てしまったのである)チェンマイ空港に降り立った。前回同様F夫妻の出迎えを受け恐縮の極みである。前回と同じチェンマイプラザホテルにチェックイン、部屋に荷を解く時間ももどかしくボーイに託し、数日前に来ていたK夫妻と共にピン河畔のタイレストラン「Ta。Naam」へ急ぐ。ピン河を渡る風は涼風という言葉がピッタリと当てはまる。雨期のチェンマイということで蒸し暑い日本と同じかそれ以下のコンディションを覚悟していた私には何よりの歓迎であった。雷魚(写真)は独特の臭みがあり今二つであったが豚肉をバナナで包み揚げたもの、タイ風さつま揚げ、ソーセージなどピリ辛の香辛料とも相俟って私の胃袋を大いに満足させたのであった。
d0032262_17114211.jpg
d0032262_17115582.jpg

料理は美味いしタイビールも美味い。K氏が持参した日本のウイスキーの最高峰「山崎」の芳醇な香りに陶然とする。まして艶然と微笑むチェンマイ美女がサービスしてくれるのだから羽化登仙の心地となるのは当たり前でしょう。K氏の世界観など拝聴するうちに長時間のフライトの疲れもあって睡魔が襲ってきた。他のメンバーも頃合と見て帰ろうとしたところ不思議な事態が出来したのである。何と数杯しか飲んでいない筈の、どう考えても2/3以上は残っていたはずのあの「山崎」が空なのである。あの「山崎」は我等のテーブルから少し離れたウェイターが待機するサービステーブルの上のアイスペイルの横に、つい今しがたまで元気にかの山崎の地の水と空気がもたらした琥珀色の液体を湛えて佇立していたはずなのにである。ボーイに尋ねてもタイスマイルとでも言うのだろうかニコニコしながら「皆さん方が飲んだ」と繰り返すばかり。
さしもの舌鋒鋭いK氏もニコニコ作戦の前には苦笑するしかなかった。レストランの出口でかのチェンマイ美女とのツーショットで目尻を下げる私のチェンマイ再訪はある種の波乱を予感させつつかくして始まったのである。
d0032262_1726309.jpg

d0032262_17265796.jpg

by alkinist | 2005-07-01 16:56 | チェンマイ再び